合同会社モリカワのブログ

森川敬一。CTOとして30年やってきました。集大成としてCTOを増やすという事を目標にやってます。

プロジェクト管理:マズローの欲求五段階説をプロジェクト炎上に例えてみた

マズローの欲求五段階説をご存知ですか?

画像
マズローの5段階欲求

1.生理的欲求
2.安全の欲求
3.親和の欲求
4.自我の欲求
5.自己実現の欲求

人間の欲求を5段階に分けて、数字が大きくなるにつれ、欲求のレベルが上がってくる事を定義した物です。
人間は、ある一定のレベルの欲求に満足すると、そのレベルの欲求だけでは、満足できなくなり、次のレベルの欲求を求めるという物です。

1は、食欲、睡眠欲、性欲とかの人として本能レベルの基礎的な欲求。
2は、安全な状況下を求めるレベルの欲求。
3は、仲間でいたい欲求です。集団に帰属したいという欲求。
4は、自分を他人に認めてもらって、尊敬されたり、他人を助けたりしたい欲求。
5は、自分の能力を高め、成長したい欲求。
このマズローの欲求五段階説を開発プロジェクトで考えて見ましょう。

プロジェクトスタート

社会人としてなので、マズローの1,2は、当然、満足している状態です。
先ずは、3.親和の欲求が生じます。新しくプロジェクトに入った状態なので、先ずは、プロジェクトの仲間との交流が最も大事になるでしょう。
プロジェクトリーダーのあなたは、 この段階で、メンバーに頑張れとか、あれをヤレ!とか、言っては無駄です。何故なら、メンバーは、親和の欲求状態にあるからです。 先ずは、仲間と皆で認め、お互いが信頼できる状態にしてあげる事が最も重要です。
自己紹介をやったり、飲み会をやったり、キックオフ会議をやったり互いの信頼関係を構築します。

お互いを知った後に

仲間との信頼感ができあがってくると、次に4.自我の欲求が発生します。仲間に対して、尊敬してもらったり、自分が組織の中で価値のある物と認めてもらいたいという欲求が出てきます。この状態では、その人の得意分野でチャンスを与えてあげる事が必要だと思います。インセプションデッキを作って役割分担の整理し、お互いの自我を満足させます。

自我の欲求が満たされると

仲間から認められ、尊敬されてくると、次に5.自己実現の欲求が発生します。これは、仲間の中からの尊敬から、自分自身の心の中の成長や発展にフォーカスが移っていく状態です。プロジェクトの目的とは、違うスキルアップのための要望が出てきたりします。ここでコントロール出来ればプロジェクトは成功するでしょう。
当然、レベル3で満足する人やレベル4で満足する人もいる訳で、その人の欲求&レベルに合わせてのマネージメントが大切です。

プロジェクトが炎上し始めると

プロジェクトが上手く機能しなくなると、5.自己実現の欲求の状態所ではなくなります。プロジェクトの成功に向けて、全員一致で進む必要があります。
4.自我の欲求によりプロジェクト達成努力に意識がいき、やり遂げるという達成感のために努力し始めます。
それでも上手く行かないと、3.親和の欲求の状態で仲間のために頑張ろうと努力し始めます。
しかし、プロジェクトが炎上し始めると、残業が続き、休日出勤が続きます。次第に2.安全の欲求1.生理的欲求とドンドン下がっていきます。そしてプロジェクトは頓挫します。。。

プロジェクト炎上時は、マズローの欲求五段階の順に解除する

立上げ時よりもさかのぼり、第一段階から対応します。つまり、残業や休日出勤を減らし勤務を通常状態にし、プライベートも確保してあげて、通常のレベルまで持っていきます。
その後、再度、バラバラになったメンバーの気持ちをまとめ上げて、3.親和の欲求を満たします。余裕が出てくると4.自我の欲求まで満たせる様に意識します。5.自己実現の欲求までは必要ないと思います。
プロジェクト炎上時には、このマズローの欲求五段階を意識しないといけません。残業も減らさず、休日出勤も多いままの状態で仲間のために、プロジェクトのために頑張れと言っても誰も話しを聞きません。
プロジェクト炎上の際には意識してみてください

最後に

今後も続けていきますので、フォロー、イイね、シェアお願いします。
下記、説明会もご参加下さい。
エンジニア年収アップ講習(転職サポート付き!) 無料説開会 12月6日 19時開催